リハビリジャーナル  ~健康志向型科学的アプローチ~

日々、クライアントと健康を追い求めています。

55)引用する その2

~  Quote ~ 
プロが使うツールで、適切な引用元を探す
 
「自分の考えを裏付ける論文や資料を探したい!!」
こういったとき、みなさんどうされていますか?
 
私は、まず ”Google” で検索していました!
しかし、
著者である樺沢先生は、それを「愚の骨頂」だと仰っています(驚)
なぜかというと、
通常版の ”Google” だと信ぴょう性の低いウェブサイトやブログ記事ばかり表示されてしまうとのこと。
 
そこで、科学研究者やプロのジャーナリストが使用している、専門的な引用ツールをご紹介致します。
 
 
(1)Goolge Scholar (グーグル・スカラー
論文を検索する機能に特化したもの、それが "Google Scholar" です。
これは、通常版Googleから「学術論文」「学術誌」「出版物」だけをピックアップしてくれるものです。
「本」「書籍」を引用したいという場合は、この ”Google ブックス” がおススメです。
 
(3)Pub Med
これは、アメリカ国立医学図書館が提供する医学文献データベースで、生物医学、生物科学系のすべての英語論文をデータベース化しています。医学研究者は、みんなと言っていいほど使っているものです。
ただ、英語論文というハードルがありますが、質の高い研究論文がたくさんあります!
私は、"Google 翻訳" などを使って、頑張って読んでいます。
 
(4)J-STAGE 私のおススメ!
これは、 国立研究開発法人科学技術振興機構が提供する日本版 Pub Med のようなものです。
論文は全て日本語というのが非常にありがたいです!!
ただし、日本の論文が中心なので、Pub Medに比べると量や質とともにかなり劣ってしまうのが難点です。
しかし、まずはJ-STAGEから探して、Pub Medでもあさってみるというのがいいかなーと思っています。
 
 
【Point】
信ぴょう性の高い情報にリーチできる、専門的なサイトを知っておこう。

54)引用する その1

~  Quote ~ 
説得力圧倒的に高める「引用」マジック
 
説得力のある文章を書くうえで、「引用する」という技術は必須です。
 
企画書だったり、
プレゼンテーションであったり、
適切な引用ができると、
説得力・信ぴょう性・信頼度を圧倒的に高めることができます。
 
上手な引用のコツは、4つです。
 
(1)引用元を明記する。
参考文献や参考図書として、明記しておくことが重要です。
 
(2)権威を利用する。
ハーバード大学の研究によると」や「厚生労働省の調査によると」など明記することによって、信ぴょう性が増します。
大学や政府などの公的機関によって調査された内容は信頼度としては高いです。
 
(3)数字を正確に明記する。
例えば引用元が76%と表記している場合、約7割でなく「76%」と正確に引用する方が信ぴょう性が増します。
 
(4)普段から引用元を集めておく。
企画書やプレゼンの資料作りの際に、一から文献を集めるとなると、検索する行為、資料を集める、読み込む行為、整理する行為とたくさんの時間が掛かります。
日頃から、文献をストックする習慣を身につけておくことをお勧めします。
いざ、必要になった時にすぐに資料作りに取り掛かれるからです!!
 
引用力は、アウトプットする力の原動力になってくれます。
 
【Point】
いつも引用できるネタがないか、アンテナは常に広く!

53)構想をまとめる

~  Group Ideas Together ~ 
初めは、紙とペンで「アイデア出し」から
 
紙などの「アナロググッズ」
スマホやPCなどの「デジタルグッズ」
 
どちらが優れている?
 
それは一概に言えません。
なぜなら、両者に長所と短所があるからです。
 
大まかに表すとしたら、
「抽象化のアナログ、具象化のデジタル」です。
私の事例を踏まえて少し解説します。
 
「プレゼン資料」を作成するとします。
いきなり、PCで資料作りと言うとそうではないです。
 
まずは、”目的” や ”コンセプト” ”俯瞰象”などを「紙」に書き起こしていきます。
そして、書き起こしたものを整理しつつ「PC」に入力していきます。
 
「紙」で大まかに抽象的に書き起こし、
「PC」で細かに具象的に製本していくイメージです。
 
ざっくりと
「鳥の目(俯瞰)」がアナログ
「虫の目(主観)」がデジタル
ということになります。
これは、アウトプットする際の話しです。
 
インプットの際は、
「詳細・記憶・小さなミスを見つける」はアナログ
「大雑把・素早く・俯瞰する」はデジタル
と逆になります。
 
PCの入力に慣れてしまうとPCだけで構想を生み出し、まとめようとしてしまいます。
自分がそうでした。
 
しかし、上手に「紙」と「PC」の良さを利用していけば随分と楽に構想をまとめていけます。
 
ぜひ、みなさんも機会があればご活用ください!!
 
【Point】
デジタルとアナログの両刀使いで構想をわかりやすくまとめよう。

52)ぼーっとする

~  Relax ~ 
「ぼんやり」が脳の働きを活性化
 
前回「ひらめく」で紹介した脳の働きについて詳述していきます。
 
「ぼーっとする」が「ひらめき」を生み出すと解説しました。
 
この「ぼーっとする」時の脳の状態のことを、
「デフォルトモード・ネットワーク(=DMN)」といいます。
言わば、
脳のスタンバイ状態のなのですが、
これが侮れない働きをしてくれているのです。
 
DMNは、意識出来ない無意識下における脳の働きです。
 
具体的には、
① 「過去(経験や記憶)」の整理・統合
② 「現在(現在の状況)」の分析
③ 「未来」のシミュレーション
を無意識で行っています。
”ひらめき” とは、
これらの結果が意識まで上ってきて初めて気付くものです。
 
ワシントン大学の研究によるとDMNの稼働時は、平常時より15倍も脳内エネルギーが多く消費されていることがわかりました。
このことからも「ぼーっとする」は、脳がかなり働いていることが理解できます。
テレビをみたり、計算問題を解いたりする方が脳を使っている気がしますが、それは脳の一部を使っているに過ぎません。
例えると、DMNは全身を使った作業、ゲームなどはカラダの一部だけを使った作業と言えます。
作業の質と量から考えても全身を使う方(DMN)が有利と言えるでしょう。
 
現代社会は、情報に溺れる時代です。
これは、DMNの稼働時間が少ない原因ともなっています。
結果として、
① 注意力
② 集中力
③ 思考力
④ 判断力
⑤ 記憶力
⑥ 想像力(ひらめき)
これらの能力が低下します。
 
さらには、認知機能の低下へ陥ります。
 
 
ちなみに、
私は「ぼーっとする」がとても苦手です(泣)
常に思考が頭を駆け巡ってしまいます。。。
 
そんな私が実践しているのは、情報の断捨離を行うことです。
要は、情報に触れる機会を ”意図的” に減らすということです。
 
減らす行為としては、
・テレビを見ない。(日本人の平均視聴時間は5時間。世界一とのこと。年間、約76日分に相当する)
・経済ニュース以外見ない。(ネガティブ思考や感情の起爆剤。ニュースを見ないだけで、幸福度が3割増しという研究も)
 
この2つの断捨離だけで、とんでもなく時間が増えます!(そして、自分にとって不必要な情報や感情に振り回せることも減ります。)
こうして増えた時間を使って、「ぼーっとする」とはやや違うかも知れませんが、私はマインドフルネス瞑想などをしています。
他にも生まれた時間を使って、
読書する。
本屋で様々な情報に触れる。
リサーチする。
睡眠をとる。
 
ちなみに情報が偏らないように気をつけてくださいね。
そうしないとただの変人になってしまいます(笑)
 
 
【Point】
空いた時間をスマホで埋めるのをやめて、
”何も考えない” をしよう。
あと、情報と行動の断捨離もしましょう!

51)ひらめく その1

~  Come Up with an Idea ~ 
リラックスこそが創造を生み出す
 
イデアがひらめかない。
いい発想が生まれない。。
 
「会議」や「企画書」の締切が迫っているのに、
”ひらめき” がないときほどつらいものはありません。
焦ったり無能感に苛まれてしまいます。
 
なんと、
最近の脳科学では、
そんな ”ひらめき” を得る方法が明らかになっているようです。
 
そこで、
NHKスペシャル「人体」 “脳” すごいぞ! ひらめきと記憶の正体』(2018年2月4日放送)で紹介された最新の科学的「ひらめき」法をお伝えします。
 
結論としては、
リラックスして「ぼーっとする」ことだそうです。
 
これは、
「ひらめいた」時の脳と
「ぼーっとしている」時の脳の働きが
同じ状態であったという研究報告からわかったことです。
 
「ぼーっとしている」時って脳が活動停止しているように思いますよね。
 
実はそうではなく、
むしろ広範囲の脳領域が活動しているのです。
 
そこで、
ひらめきを促す「創造性の4B」をご紹介します。
 
Bathroom (風呂、トイレ)
Bus (のりもの、移動中)
Bed (寝室)
Bar (酒場)
 
「創造性の4B」とは、
これらの頭文字です。
脳がリラックスしやすい環境と言われています。
 
もし、考えごとで煮詰まったら、
気分転換として積極的に何かをするというよりは、
「創造性の4B」を意図的に取り入れてみると良いかも知れません。
 
ちなみに、
常にスマホのリマインダーに ”ひらめき” をメモするようにしています。
 
なぜ、
リマインダーかというと思い出せるためにプッシュ通知を使うためです!
 
【Point】
ひらめきが欲しければ、
考えるのをやめて、
ぼーっとてみよう。

50)気付きをメモする

~  Make a Note ~ 
イデアを逃したくなければ、勝負は30秒


「すごくいいアイデアを思いついた!」。。。。。
でも3分後には、「あれ何だっけ??」という体験はありませんか?


ひらめき、アイデア、気付きなど、脳の一瞬の輝きは、神経細胞の発火、いわば「花火」のようなものなので、一瞬で失われてしまいます。
このことを脳科学分野で「アハ!体験」と呼ばれています。


少し脳科学的に説明すると、ひらめきなどの脳の気付きは ”脳の神経細胞” が繋がった瞬間だそうです。
わずか0.1秒ほどの短い時間にパッと神経細胞同士が繋がります。
そうして、新しい神経回路が構築されます。
しかし、この新しい神経回路ですが、非常に脆弱な神経回路なのです。
補強しないと、わずか「30秒から1分」ほどで壊れてしまいます。


気付きによって生まれた新しい神経回路は、周辺の神経回路がたくさんあればそれを手がかりとして再開通できるかも知れませんがなかなか難しいものです。


そこで、「アハ!体験(=ひらめき、気付き)」をしたらとにかく記録しましょう!


何でも良いです!


私は、スマホのリマインダーやEvernoteや付箋紙などを使用しています。


せっかく生まれた気付きという宝物を大切にされてください。

 


【Point】
「気付き」がいつ舞い降りてもいいように、
メモの準備を。

49)To Do リストを書く

~  Write a Todo list ~ 
あさイチでやる、一日で最重要な仕事
 
著者の樺沢先生は、1日の中で最も重要な仕事は「To Do リスト」を作ることだと述べています。
私もそう思います。
そこで、なぜ 「To Do リスト」が良いのかをご紹介します。
 
「To Do リスト」のメリット
 
1)1日の仕事の流れが確認できる
→ 効率的な時間配分が出来る。
 
2)集中力が途切れない
→ 常にやるべきことが分かっている状態になる。
 
3)うっかりミスがゼロになる
あさイチで思い出すので、その日の予定を忘れるなどの凡ミスはかなり激減します。というか、限りなくゼロに近くになります。
 
4)ワーキングメモリの容量が増える/仕事が効率化する
→ 以前も紹介したので、割愛します。
 
 
最近の研究では、毎日行う「To Do リスト」への批判もあります。
なぜなら、60%は達成出来ていないという研究報告があるからです。
 
しかし、それは達成出来ない自分を責めてしまい上手く仕事が出来ていない人が多いのではないかなと思います。
要は、上手に「To Do リスト」を使いこなせていないのではと思っています。
 
私も「To Do リスト」を作成していますが、必ず達成するかというとそんなことはありません。
なぜなら、何日や何週間も掛かる仕事もあるからです。
かといって、ひとつのタスク(=仕事)しかしていないかというとそうでなく、結構同時並行で進めたりもしています。
 
そこで、私なりの「To Do リスト」の使い方をご紹介します。
第一原則として ”毎日、必ず目に触れるもの” に「To Do リスト」を書き込みます。
 
理由は、
1)忘れないため(作り忘れ・確認し忘れ)
2)緊急でなく重要な業務を見極めコツコツと進めるため
 
2番目の理由は、いつか詳しく説明したいと思います。
 
 
私は「To Do リスト」 を「 自分がやるべき&やりたい仕事」を達成させるための道具だと考えています。
 
この道具を使いこなすまでは時間が掛かると思いますが、上手く成ればこれほど強力な道具はないと思います。
そして、私は仕事だけでなく、人生にとっても有効なものと考えています。
やったことがない方、またはやったことはあるけど挫折してしまった方も是非チャレンジしてみてください。
 
わからないことがあれば、いつでも相談に乗りますよー!
 
【Point】
脳のワーキングメモリを有効活用し、
集中力を切らさない。